アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

メルセデスベンツEQS最高峰のEVサルーン ! !

2021-04-22

営業ブログ

今日はとても暖かく過ごしやすいですね!! 天気予報によりますと今日の最高気温は25℃とかなり暖かいです。でも、最低気温は10℃と15℃位の差がありますので体調管理には十分、心がけて下さいね!! また、新型コロナウイルスの感染者数の増加ペースが、東京都内で急激に上がっている。21日には843人が確認され、同じ水曜日だった前週の14日(591人)よりも43%増えた。都は同日、政府に緊急事態宣言の発出を要請したが、1月28日(1065人)以来の1千人超えが現実味を帯びてきました。東京都も、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言について、期間を大型連休中の4月29日~5月9で、5月16日まで延ばすことも想定しているそうです。せっかくの大型連休なのに残念ですが今が踏ん張りどころなので皆さんでがっぱっていきましょう!!!

さて、本日はメルセデスベンツSクラスの新型EV自動車EQSをご紹介いたします。メルセデスベンツは3月28日、新型EVの『EQS』(Mercedes-Benz EQS)のインテリアを先行公開しました。実車は4月15日、デジタルワールドプレミアされる予定です。「メルセデスEQ」は、メルセデスベンツが立ち上げた電動車に特化したサブブランドだ。メルセデスEQブランドの最初の市販車として登場したEVが、SUVの『EQC』となる。EQブランドの市販第2弾は、ミニバンの『Vクラス』ベースの『EQV』、第3弾は新型『GLA』がベースのEV、『EQA』でした。

EQSは、コンセプトカーの『ヴィジョンEQS』の市販バージョンとなる大型EVサルーンで、新型『Sクラス』のEVバージョンに位置付けられる。EQSは、ラグジュアリーカーおよびエグゼクティブセグメントのEVに、メルセデスベンツの新しい電動アーキテクチャの「EVA」を採用した最初のモデルになるという事です。

「MBUXハイパースクリーン」など新しいアプローチを取り入れたインテリア

EQSは、メルセデスEQブランドの最上位モデルとなり、そのため、デザイナーはインテリアをデザインする際、まったく新しいアプローチを取り入れました。ダッシュボードの全幅に広がる「MBUXハイパースクリーン」に加えて、多くのデザイン要素をデジタル化しています。最近のメルセデスベンツ車に共通するタービン状の空調ダクトは、EQS専用にデザインされた。複雑に設計されたタービンブレードは、車内の空調の風量を効率的に配分するという。

センターコンソールの前側は、インストルメントパネルとつながっている。これは、新しいドライブアーキテクチャを視覚的に強調しているという。電動パワートレイン搭載により、トランスミッショントンネルは不要に。複雑な縫い目パターンを持つレザーを、ウッド製の大型カバーと組み合わせて、多くの収納スペースを実現している。なお、MBUXハイパースクリーンが未装備のベースモデルは、センターコンソールが専用デザインになります。

新型Sクラスとは異なる専用のディスプレイ

複数の表示スタイルとモードが選択できるのは、新型Sクラスと同様だ。EVのEQS専用として、すべてのグラフィックは、青やオレンジ色を使って設計されている。 2つの丸い文字盤を持つクラシックなコックピットディスプレイは、ガラスレンズのデジタルレーザーソードによって再解釈された。走行に関連するすべてのコンテンツは、丸いダイヤルの間でアクセスできる。新型Sクラスのスポーティディスプレイは、EQSでは立体的なパフォーマンスバーに置き換えられた。「ドライブ」、「加速」、「充電」の各走行状態を、分かりやすく伝えるようになっています。「Gフォースパック」では、EQSのEVパワートレインの加速に合わせて、表示が変わる。ディスプレイは、3種類の表示スタイル(ディスクリート、スポーティ、クラシック)と3つのモード(ナビゲーション、アシスタンス、サービス)によってカスタマイズできます。

落ち着いたインテリアを演出するため、新型Sクラスと同様、ディスクリートモードを採用した。EQSでは、ディスプレイのコンテンツが可能な限り削減され、7つの画面が周囲の照明の色に合わせて変化する。アシストモードでは、車線変更や「ディスタンスコントロール」などの際、インフラストラクチャや検出された他の道路利用者(車や自転車など)が表示される。

 

まだまだ詳しい情報が入って来ていないので、走り、電費等は解っていません。またトヨタもスバルと共同開発して、上海モーターショーで初のEV、SUV、bZ4Xを発表しました。全世界各社がこれからEVの新型を発表して来ますので楽しみですね!!

 

 

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス