アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

Ferrari F430F1 ! !

2019-04-21

営業ブログ

今日は、風も無くとても暖かいですね!! 天気予報に寄りますと最高気温は22℃位まで上がるとの事です。また、最低気温も13℃位で保たれるので過ごしやすい日ですね!!  花粉の季節もそろそろ終わりの季節になってきていますが、暖かくなると本領を発揮して来ますのでまだまだ禁物です!!!   また、気温の変化がはげしいので陽が陰ってくると寒くなって来ますので、体調管理には十分、心掛けて下さい。

さて、本日はフェラーリ F430をご紹介いたします。

フェラーリ、F430は360モデナのビックマイナーチェンジあたるお車です。2004年、販売に成功した360モデナの後継モデルとしてモンデアル・ド・ロトモビルでデビュー。同年欧州モデルを発売、翌年の2005年に右ハンドル仕様、アメリカ仕様が発売された。

シャーシーは360を基本に設計されV8エンジンは4.3Lとなり(車名はこの排気量に由来する)、F355と360に採用されていた1気筒5バルブは廃され4バルブとなる。360と比べて出力は90PS、トルクは9.4kgf·m高められ、490PSと47.4kgf·mを発生する。

トランスミッションはMTとF1マチック(パドルシフトを備えたセミAT)から選ぶことができ、いずれも6速で、左/右ハンドルが選べる。

スタイリング

ボディデザインはピニンファリーナのチーフデザイナー、フランク・ステファンソンが手掛け、基本的に先代360を踏襲したかたちになっているが、ボディはより煮詰められ空力特性が向上している。空気抵抗値は360と変わらず、しかし360のネックだったダウンフォースが大幅に高められている。特徴的なフロントノーズ回りは1961年のF1を制した156F1および1961年のル・マン24時間耐久レース優勝車250TR61のシャークノーズと呼ばれるデザインをモチーフとし、ライトは1つのプロジェクターランプでハイ/ロービームを切り替えるバイキセノンライトが採用された。テッサロッサを思わせるサイドミラーには『F430』の文字が刻まれている。

テール部分はフェラーリ エンツォフェラーリと同じく尾灯上面が露出した造形となっており、意匠的に新しく生まれ変わっている。リアエンド下部には大型のディフューザーが装着され、走行時のダウンフォース発生に大きく寄与している。

メカニズム

F430で新しく取り入れられた技術として以下のものがある。いずれもF1参戦で培われた技術をフィードバックしたものである。

  • Launchcontrol
ローンチコントロールの採用。CSTを解除しLCボタンで設定、左足でブレーキを踏み回転数を上げた所でブレーキを離すとクラッチが繋がり発進するシステム。
  • E-Diff
エレクトリック・ディファレンシャルの略で、電子制御の差動装置。従来の差動装置に比べると、駆動力の損失が少ないと謳われている。

この他にも、(すでにフェラーリ360チャレンジストラダーレ、エンツォ・フェラーリで採用済みの)カーボンブレーキも採用されている。このブレーキは、冷間時の制動性は甘いが耐フェード性が高く、スポーツ走行に適している。

詳 細

2008yモデル、ディーラー車、フェラーリF430F1、ロッソコルサ/ネロダッシュ/ロッソレーシングシート コントラストステッチ レッドメーター ロア・エリアカーボン(センターコンソール・インナーステップ) サイドキックプレートカーボン カーボンブレーキ スクーデリアバッジ チャレンジホイール レッドキャリパー F/Rパークセンサー 1オーナー、走行距離10900Km

 

只今、ショールームに展示しております。

 

是非、一度、ご覧になって観ては如何でしょうか!!!

 

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス