アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

内装作業三連続

2018-04-25

サービスブログ

皆様こんにちは。工場のハムでございます。

フェラーリのウィークポイントである内装ベタベタを修理するため、ここ何日かは3台連続で内装の分解組み立て作業ばかりしてます。

今日はその紹介です。

お蔭様で納車整備の車両が多く、それも360~430という10年以上経過した車ばかりなので、どの車も例の内装ゴム塗装のベタつきが始まっています。

それらの部品は外した後、外注作業でベタつきの除去と再塗装を行う訳ですが、かなりの手間仕事のため時間も掛かるので、入庫と同時に取り外し、戻りの日程に合わせて他の整備も進めていこうという作戦で、一度に3台の内装を外しました。

(以下360チャレンジ ストラダーレ)

IMG_1021

IMG_1024

IMG_1043

IMG_1023

(以下、430スクーデリア)

IMG_1046

IMG_1050

(以下、430F1)

IMG_1057

IMG_1059

モデルにより違いますが大体30点前後。一台分の全てを外すと、これだけの分量になります。意外と多いため、ベタついたところだけ修理していくと延々と同じような作業が続くので、一度にまとめて作業した方が、時間的にも金額的にもお得です。

IMG_1061

新車の頃は端正でカッコいいデザインなだけに、劣化した時の痛々しさは他メーカーの比ではありません。単に壊れたところを修理するだけでなく、手間を惜しまず当初のカッコ良さを維持し続けるという発想が、フェラーリに携わる者には必要であるかと。

費用は一台当たり大体30万円超といったところで、うちの納車整備で特筆できるのは、その費用が車両価格に含まれていることです。品質を上げようとすればする程、利益を削るシステムなのですが、だからといって手抜きな訳でもなく、むしろ何故か逆なのが持ち味で、内装の他にも例を挙げると、例えばタイヤはどれだけ溝が残っていても年数が経過していたら新品に交換してしまいます。

(現状渡しの契約や旧車においては別途の場合もありますが。)

うちの車は相場より高いイメージかもしれませんが、それは見かけの車両価格を安く設定し、整備費用は別途というマジックを使っていないからです。後のメンテナンスコストも含めて比較すると、割高な買い物ではなかったと、きっとご納得頂けることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス