アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

ハムのルーツ 音楽編 その3 T-Bone Walker

2018-07-04

サービスブログ

皆様こんにちは工場のハムでございます。

ここのところすっかり、ギターアンプ製作と自分のルーツ系音楽ネタのローテですが、今回もそれに倣い?音楽ネタいってみたいと思います。

本日紹介するのは、偉大なブルース系ギタリストである、T-Bone Walkerです。

ただ、ここ5年ほどなので、私のルーツと呼べるほど昔から聴いている訳でもないのですが、そのきっかけと理由を以下ダラダラと書いてみようかと。

それまでオーディオアンプしか製作したこと無い私が、手探りでギターアンプを製作し始めた時のこと。ちょうど5年前ですが、それがきっかけですね。

当時は、どんな音色がギターアンプでいう良い音なのかとか、どうすれば音が歪むのかなど、サッパリ見当が付かないことだらけでした。そこで、ローリングストーン誌が選ぶギタリスト100人とかのワードで検索しまくり、晩酌のつまみに毎日You tubeで動画を見てました。

ランキング上位のギタリストの代表曲は、一度は聴いたことあるような有名曲ばかりでしたが、それまで聴いたことがないブルースギターというジャンルの曲を、たくさん聴けたことが最大の収穫で、次は有名なブルースギター奏者を延々と検索しては動画を見てを繰り返してました。

その中で、ひときわ印象に残ったのが、B.B.KingとT-Bone Walkerでした。その後、聴き続けているうち最後にT-Bone Walkerが残ったという流れです。

rs-136430-fe81de06a5564399d2b474ad405167ee2dd4d1ee

(Yahoo画像より拝借)

今思えば、彼が奏でる音は歪んでいる訳でもなく、あまりギターアンプ製作の参考にはならないのですが、当初の目的はどこかにいってしまい好んで聴くようになりました。かつてブルースギターでイメージしていた枯れた味わいそのままの音は、今でも無性に聴きたくなる時があります。

聴きたくなった時に見るのが下の動画で、1966年にBBCテレビで放送されたものだそうです。

演奏はもちろん、録音もスゴイです。流石はBBCと感心しました。

周波数特性とかを単純に現在の基準で比較してしまうと、電話位の帯域しか再生していないのでしょうが、その中で生々しく再生されるようバランスが工夫された録音は、今でも十分鑑賞に耐える仕上がりとなっています。

これも良く見ます。62年に撮影されたものだそうです。

次回はギターアンプネタですかね。配線図が完成しましたし。

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス