アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

車検について

2018-07-23

サービスブログ

7月23日(月)

お早うございます・KOMIです(^^♪

皆さん夏を満喫してますか?え!もういい

そんなこと言わないでください夏はこれからですよ

学生さんも夏休みに入り、高校野球も熱い戦いが繰り広げられてます

被災地域の高校球児たちが同級生を亡くした悲しみを乗り越え

甲子園を目指し前へ進もうと頑張ってる姿を目にし目頭が熱くなりました

IMG_4437

さて!ここからは月曜ファクトリーブログの時間です

本日のメニューは車検について

基本的には普通車であれば初回3年・以降2年に1度はやってくる 車検!

何となくは理解してるけど実際にどんなことをしてるのか?

そんな車検と24か月点検の内容をお届けしていきたいと思います

まず、お客様からご依頼があった内容を踏まえたうえで

現状でのテスト走行を行い他に異音や不具合箇所が無いかチェックをします

走行前には灯火類(ヘッドライトやテールランプ等)の点検も行います

IMG_4444

IMG_4443

その他にも外装の点検

走行時に脱落しそうなパーツやガラスのひび割れ等々

IMG_4438

(こちらは飛び石によるガラスの破損個所)

これも車検不合格になることもあるので要注意です!

次は、いよいよリフトでの作業に移ります

先ずは目視で分かる部分から、例えばオイル漏れの有無やタイヤの状態など

IMG_4415

次にアンダーパネルやタイヤ、インナーパネル等を取り去り

細部の点検に入ります

IMG_4427

フューエルラインの点検、

IMG_4404

触手によるアームやショックアブソーバー・ハブ等のガタつきがないか

IMG_4406

ダストブーツに破損がないか

(これはステアリングラックのボールジョイント部)

何故ブーツが切れてるとだめなのか?

雨水などが侵入し錆等が原因で舵取りが出来なくなる恐れがある為

確かにステアリング操作が出来なければ事故に直結しますよね

IMG_4421

お次はブレーキ装置

IMG_4416

ブレーキパッドの残量はもちろんの事、フルードの交換

ブレーキホースの変形や破損キャリパーの固着による引きずり

パイプ内の詰まりもしくは漏れがないか

ブレーキは何か異常があれば事故につながる危険性がある為

最新の注意を払って点検します!

その他には水漏れやオイル漏れの箇所を更に細かくチェックしていきます

IMG_4422

IMG_4419

上の写真はパワーステアリングホースの劣化によりオイル漏れが発生している状態

下の写真はステアリングラック本体からのオイル漏れ

IMG_4418

次は、電装品の点検

IMG_4436

IMG_4412

バッテリーの電圧チェックやトラブルメーカーでおなじみのオルタネーター

こちらも規定の発電量があるか確認します(最近は大分減りましたねオルタのトラブル)

バッテリーについてですが最近の車は機械仕掛けというより

電気仕掛けで動いてるものに移り変わって来てます

そのためバッテリーにかかる負担も一昔前に比べ大きくなり

寿命自体も短くなってるように思います

バッテリーが上がってしまうとテスターを用いないと再始動できない車もある為

交換時期については毎車検ごとの交換をお勧めします

続いては、エンジン及びミッションマウント

IMG_4420

こちらの写真はフェラーリ612のミッションマウント

これも経年劣化や使用頻度に応じてへたりや振動といった症状が現れてきます

酷い場合、落ち込んだエンジンやミッション本体がフレームに当たり

破損させてしまうこともあります

と、このように一つ一つ細部まで点検をしていくわけですが・・・

一度には書ききれないので続きはまた来週お伝えしたいと思います

それではまた来週お会いしましょう

ファクトリーKOMIでした!バイバイ(^O^)/

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス