アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

Dino 206 / 246 Part 1

2020-04-27

サービスブログ

前回のブログで告知しました、206 / 246 の相違点などを、たまたま時期を同じく入庫していた2台の現車を撮影した画像を用いて

較べてみたいと思います。画像が撮ることが出来なかった箇所は口頭にて記してまいります。

見落としてる箇所もあると思われますが・・・

 

まず概要から

※ フェラーリが製造した初のミッドシップ2座席スポーツカー

・206GT   1967y ~ 1969y  生産台数 152 台

ボディ  アルミニウム製

ティーポ 135B  65度V6 DOHC 1,987 cc MR(横置きエンジン)  185ps  17.85kgm

全長 4,150 mm  全幅 1,700 mm  全高 1,115 mm  ホイールベース 2,280 mm

全て左ハンドル仕様。正規輸入は無し。排気量 2リットルで横幅1.7メートルのため登録は5ナンバー。

 

・246GT/GTS  1968y ~ 1974y  生産台数 GT 2,487 台 / GTS 1,274 台

ボディ  鋼鉄製

ティーポ 135CS  65度V6 DOHC 2,418 cc MR(横置きエンジン)  195ps  23.0kgm

全長 4,230 mm または 4,343 mm  全幅 1,702 mm  全高 1,110 mm  ホイールベース 2,340 mm

※ ホイールベースが延長された。

ティーポ L (1969y/02~1970y)     ティーポ M (1971y)     ティーポ E (1971y ~ 1974y /06)

※ 1971yティーポ E の途中から タルガトップ「246GTS」が追加。

生産中の改良や変更により上記 3 タイプに分けられました。

左ハンドル車・右ハンドルが在った。排気量 2リットルを超えたため登録は3ナンバー。

 

左  206GT

右  246GT

206GTの方が ホイールベースが短い分丸みを帯びているように見えます。

 

 

 

左  206GT  フロントバンパー下ダクト 角形

右  246GT  フロントバンパー下ダクト 丸形

角形に切り開いたタイプから成形した丸形タイプへ。

 

 

左  206GT  シフトレバー・サイドブレーキレバー付近

サイドガラス開閉 手動式

右  246GT  シフトレバー・サイドブレーキレバー付近

サイドガラス開閉 パワーウィンドウ

 

 

 

いろいろと相違点があります。さらに続きますがブログの文字・画像スペースの制約で、パート2へ

 

 

 

 

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス