アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

戻りました!(ハムバージョン)

2013-09-24

営業ブログ

ハムでございます戻りました。
しかしあっという間の、短くも濃厚なドイツ体験でした。

現在は撮った写真をまとめている最中で、数えてみたら展示されている車を撮影した写真は大体600枚位あったんですけど、
なかなか写真って難しいですねえ。
これは使えると思ったのは数える程しかなくて。
写真の才能ないなあ俺。と、改めて実感した次第で。

今日は使えそうな写真のなかでも、まずはレーシングカーとかスーパーカーを選んで壁紙サイズに加工してみました。
下に並んでいる小さい写真をクリックして新しいウインドで表示した後に、
右クリック→名前を付けて画像を保存
で、1440×900サイズの写真を保存できます。
宜しければお使い下さいませ。
HPアップ、加工材料等の二次使用もOKですが、出典表示お願いします。

以下簡単に写真の解説を。
1枚目:フェラーリ458スペチアーレ後ろから。助手席半ドアが少し残念。もっとラみたいなデザインになるのかなと思いきや、スクーデリアな感じでした。

2枚目:フェラーリ458スペチアーレ前アップ。後ろのモニターで、この造形の効果をアニメーションで謳ってました。
エアのアウトレットがボンネットにありますけど、トランクどうなってるんでしょう。

3枚目:フェラーリ458スペチアーレはこんな感じで展示してました写真。壁に簡単なスペック書いてありますけど、V8も600馬力の時代ですか。

4枚目:ポルシェ918スパイダー。新しいけど、どこから見てもポルシェ。

5枚目:DTM仕様Cクーペ。空力研究のノウハウが相当詰まってそうな機能美で、しかも大迫力。更に輝いてます。マフラーがドアから出てるんですけど、パイプがどんな取り回しになってるのか気になる。

6枚目:メルセデスW04。フェラーリのF1は、ピストン屋さんのマーレーがシューマッハの頃のモデルを展示してただけでした。
グニャグニャとして複雑な造形のスポイラーを通った空気は、どんな流れになって効果を生むのか想像しながら写真を見ると、結構な時間見ていられます。

7枚目:レッドブルF1。他にもルノーブースに展示してありました。なんでインフィニティーのブースに展示してあるのかな?と一瞬思ったけど、そうだったルノーは親会社だった。

8枚目:ベイロン ジャン・ブガッティ 相当特別な車の更に特別仕様という、超孤高な存在の車。ジャン・ブガッティを知らず検索してみた。フェラーリでいうとディーノと同じ名前の付け方だ。

まだ暫くこのネタ続きますが、お付き合いの程宜しくお願いします。

 

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス