アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

アヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ 4WD ! !

2017-05-04

営業ブログ

ゴールデンウィークはお天気も良く、皆さんどうお過ごしですか!! 高速道路の下り線は物凄く混んでいますが、都内はガラガラで物凄く空いています。通常出勤で1時間弱掛かるのが30分位でつきました。たまには愛車で近場のドライブにでも行って見ては如何ですか!!!

さて、本日は当社、お客様からご依頼がありましたアヴェンタドールLP750-4 スーパーヴェローチェ 4WDをご紹介いたします。アベンタドールSVを簡単に説明すると、カーボン素材を多用してスタンダードのアヴェンタドールから重量を削り取り、よりパワフルなエンジンを搭載したスパルタンなモデルになります。エンジンはもはやご神体ともいうべき6.5リッターV12を引き継ぐが、最高出力の発生回転数がスタンダードモデルよりさらに150rpm引き上げられ、8400rpmで50ps増しの750psを生み出す。この大排気量にして最高許容回転数は8500rpmという。最大トルクは70.4kgm/5500rpmと標準型と変わりません。

いっぽう、ボディーではフロントバンパーやサイドステップ、リアのディフューザー、固定式となったリアのインテークダクトなどがカーボンファイバー素材に変更され、標準型よりも50kg軽量化されている。ドライウェイトは1525kg、当然パワー・ウェイトレシオも改善されて2.03kg/psを豪語するが、さまざまなオプション装備が加えられていることもあって、車検証に記載されている実際の車重は1840kgである。カタログ値と実際の車重に大きな差があるのはランボルギーニの例にもれない。0-100km/h加速はスタンダードモデルに比べて0.1秒速い2.8秒というが、正直言って一般路上で加速の違いは感じられない。たぶんテストコースで計測器をつけても有意差は認められないと思われるが、いずれにしろ恐ろしく速いことに変わりはない。最高速は350km/h以上という。そもそも6000rpmぐらいから明確に咆哮(ほうこう)を上げ、猛然と爆発的にリミットめがけて上り詰めるエンジンの回転数を、デジタルバー表示のタコメーターできちんと確認する余裕がない。右隅にはデジタル数字でも回転数が示されているが、トップエンドはとにかく恐ろしい勢いで数字が瞬くために、一般路上では正確に読み取れません。

もともと超絶なパフォーマンスが、さらにどれほど向上したかは定かではないですが、新しいシステムによる恩恵は明らかだった。アヴェンタドールSVには磁性流体を封入したアダプティブダンパーが採用されている。これはアウディではマグネティックライドと称している可変ダンピングシステムで、おかげで通常走行時の乗り心地とスタビリティーがより洗練されている。またランボルギーニ・ダイナミック・ステアリングと呼ぶ可変レシオのステアリングも初採用、どちらも最新の「ウラカン」には既に採用されている技術だが、まずは限定モデルのSVに導入されたというわけだ。そうそう、言い忘れたが昨年のジュネーブショーでデビューしたアヴェンタドールSVはクーペが600台、ロードスターが500台の限定モデルであり、クーペは既に完売しています。

今回、ご紹介しているアベンタドールSVはスペシャルオーダーカラーのホワイトマットパールのエクステリアに成ります。

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス