アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

Ferrari カリフォルニア T ! !

2017-12-15

営業ブログ

今日は、曇っていますが天気予報に寄りますと雨は降らないとの事です。最高気温も8℃位しか上がらない模様で、物凄く寒い一日に成りそうです。最近、インフルエンザが流行していますので体調管理には十分、心掛けて下さい!!

さて、本日はフェラーリ カリフォルニアTをご紹介させて頂きます。

フェラーリ初のクーペ・カブリオレの2+2モデルとして、2008年のパリ・モーターショーで発表され、2009年から発売されました。車名の「カリフォルニア」とは、1950年代に生産されていた同社の「250GT カリフォルニア・スパイダー」から来ています。

日常的な乗りやすさや快適性、2+2がもたらす実用性の高さから、カリフォルニアはフェラーリにとって新規顧客の開拓に重点が置かれており、実際に購入者の約70%が初めてフェラーリを購入したオーナーであると発表されている。なお実際に、フェラーリの会長であったルカ・ディ・モンテゼモーロや、「テーラーメイド・プログラム」の発案者のラボ・エルカーンが愛車として通勤などに使用していました。

シャシー・ボディはアルミ製で、クーペ・カブリオレシステムはウェバスト製のカブリオレ・ユニットを採用している。2011年にオプションとして導入されたアイドリングストップ機能をはじめとした、燃費をはじめとするエネルギー効率向上を目的とした機能「HELE」は日本国内では標準装備となる。ミッションは、7速DCTを採用しており、ギアチェンジの際に発生するロスを軽減している。ステアリングホイールの右下にあるシフトモードを切り替える「マネッティーノ」のスイッチはF430には5種類あるが、カリフォルニアには「スノー」と「レース」は必要ないと判断され3種類となった。ブレンボ製のカーボンセラミック、サスペンションはマルチリンクを採用している。デザインは内外装ともにピニンファリーナが担当しています。

2014年2月12日に、カリフォルニアのビッグマイナーチェンジモデルである「カリフォルニアT」を発表しました。「T」はターボを意味し、3855ccV8直噴ツインターボを搭載。排気量は4297ccから3855ccへダウンサイジングされたものの、ターボを装備したことで、出力は先代のカリフォルニアの482PSから552PSに引き上げられた。なお、フェラーリのロードカーでターボ車を発売するのはF40以来である。エクステリアでは、丸型テールランプにウインカーとバックランプが内蔵された。ブレーキランプはリアエンド下部に設置。マフラーが縦2本配置から横2本となった。またディフューザーのデザインも変更されました。

2017の春先にはフェラーリの70周年記念限定車が限定生産されるとアナウンスされた。その後同年初夏に新規受注が締め切られた。その後9月に後継車種の「ポルトフィーノ」が発表されました。

通常のV8フェラーリ(ミッドシップ)と比べると、着座位置が高くとても乗り易い車に成っています。ホントに通常の足替わりに乗っても全く遜色なく乗れるフェラーリに成っています。

只今、ショールームに展示しております。

是非、一度、ご覧になって観ては如何でしょうか!!!

詳 細

2015yモデル、ディーラー車、フェラーリ カリフォルニアT、ロッソカリフォルニア(スペシャルカラー) ネロレザー&ロッソアルカンターラデュアルインテリア レッドステッチ カーボンLEDハンドル ダイヤモンドステッチフルパワーシート シートヒーター レッドパイピング イエローメーター ヘッドレスト跳馬刺繍(イエロー) 刺繍入レザーフロアマット クロームフロントグリル マグネライドデュアルモードショック スポーツエキゾースト ヒートインシュレーションフロントガラス スクーデリアバッジ カーボンブレーキ 20インチダイヤモンドフィッニュ鍛造AW イエローキャリパー F/Rパークセンサー HDDナビ・バックカメラ、走行距離5300Km

 

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス