アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

Ferrari F430 ! !

2018-06-21

営業ブログ

最近、雨の日が続き何となくなえてしまいますね!! 今日は天気予報に寄りますと午前中は小雨程度は降りますが午後には晴れて来るとの事です。明日は、久しぶりにお天気に名もとの事です。気温の変化が激しいので体調管理には十分、心掛けて下さい。また、湿気が多く寝苦しい日々が続きますが、風邪を引かぬようご注意下さい! !

さて、本日はフェラーリF430をご紹介致します。

フェラーリF430は、V8ミッドシップモデルで3世代前のモデルに成りますが、未だに古さを感じさせないモデルで、値段も手頃な価格になって来たので、いまだに人気の高いモデルに成っています。また、皆さんもご存じ通り、タイミングベルトがベルトからチェーンに変更になり耐久性も格段にアップしていますので、ご購入後コストも掛からなく成って来ました。

当時としては革新的なフェラーリF1テクノロジーのフィードバックしたシステムがあります。F430はいくつもの革新的なアイデアが搭載されています。なかでも、ここでご紹介するふたつはF430が市販車として世界に先駆けて採用したものとなります。ひとつは電子制御のデファレンシャル(E-Diff)。当初F1用に開発されたE-Diffは、エンジンが生むトルクをもっとも有効にトラクションとして活かすデバイスです。もうひとつはステアリングホイールに取りつけられたモードスイッチ、マネッティーノ。このスイッチで、ビークルダイナミクスを司る統合システムを直接制御します。F430のドライバーはこのスイッチにより、以下の機能を司るエレクトロニクスを簡単かつ即座にコントロールすることが可能になりました。たとえは゛ステアリングにスイッチが集中して取り付けられていて、ハンドルから手を離さずに切り替え操作ができるマネッティーノシステム、

F1と同じように、F430のドライバーはステアリングホイールに位置するセレクターにより自分のクルマのセットアップを変えることができます。

このマネッティーノもレーステクノロジーから引き継いだ財産です。F430のドライバーはこのスイッチにより、以下の機能を司るエレクトロニクスを簡単かつ即座にコントロールすることが可能になりました。

サスペンションセッティング。CST(Control for Stability and Traction)。E-Diff。F1ギアボックスの変速スピード。それだけでなく、個々の機能を統合制御することも可能です。マネッティーノにより、ドライバーは路面状況や路面状況がもたらすグリップにもっとも適したセッティングができるようになったのです。マネッティーノには次の5つのモードが用意されます。 ICE: 雪や氷など非常に滑りやすいコンディションで最大のスタビリティを確保するため、動力性能は大幅に制限されます(スタビリティおよびトラクションコントロールの介入度が一番高い)。LOW GRIP: このポジションではドライ、ウェット路面両方のスタビリティが確保されます。グリップの小さい路面(降雨時など)、砂の浮いた路面、ひどく荒れたアスファルトなどに適します。このモードではICEと異なり、F1パドルシフトによるシフトチェンジが可能です。

SPORT: スタビリティと動力性能とのベストバランスを突いた、標準的なモードです。オープンロードで理想的なこのモードは最高のパフォーマンスを安全に発揮できるベストのバランスポイントを提供します。ICEとLOW GRIPに比べると、SPORTでは高速時のパフォーマンス、ハンドリング、スタビリティを最大化するようにアダプティブサスペンションをスポーティーモードにセッティングします。

RACE: サーキット専用モード。シフトによるタイムロスを最小限に抑えるため、シフトスピードは一層速くなります。CSTの介入はミニマムに抑えられます(エンジンマネジメントシステムがエンジンをカットするのは、必要不可欠な場合に限られます)。

CSTの介入はミニマムに抑えられます(エンジンマネジメントシステムがエンジンをカットするのは、必要不可欠な場合に限られます)。

CST: スタビリティおよびトラクションコントロールのオン/オフが可能です。オフにするとドライバーはクルマの挙動をすべて自分でコントロールすることになります。ただしABSやEBD(Electronic Brake Distribution)など、解除できないドライバーズエイドは作動状態にあります。

 

只今、ショールームに2台のフェラーリF430を展示しております。

 

是非、一度、ご覧に成って観ては如何でしょうか!!!

 

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス