アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

Don;t BE LAZY!!

2018-02-24

サービスブログ

今月も残り少なくなってきました!通勤中のRadioで明日は東京マラソンが開催されるようですね(*´ω`*)

僕が最後にマラソンをしたのは中学生の時で福岡市の大濠公園を二周した記憶があります!

こんな時期だったと思い出しました。皇居ランナーも増えた時世ですから盛り上がりそうですな(^^)/

そんな前置きでスタートしました 粕谷です。Aria Garageの空はBlue sky! こんな日はロッソカラーが映えますね!

IMG_1223

はい( `ー´)ノF355の作業の一例です。今回はエアコンの話題!

エアコンには冷媒なるガスが充填されております。

このガスが少ないと夏場に冷えない!!などのトラブルが発生します。エアコンのサイクルの構造や原理も昔も今も

さほど変化してません( ゚Д゚)ガスの充填の際には、サービスバルブなる入口からガスを専用の機器を使用して入れます。

F355の場合。。。このフロントフード内の内装を外す手間があり、このバルブの位置を知らない人間なら焦るはずです。

IMG_1227

カットオフスイッチの横にありますこのパーツもエアコンサイクルの一部です。サイトグラスから冷媒の状態を確認出来ます。

IMG_1228

内装に使用されるスクリューです。長さが異なる4種です。よく観察して外します(‘◇’)ゞ

一枚目の画像の真ん中に位置する四角の部分がブロアモーターAssyです。

ここで風を作ります。内気循環の切り替えもここで行います、このユニットの左サイドに冷媒を充填するバルブが

あるんです。充填の際には、ムシといわれるタイヤにもつかわれるバルブの交換もしつつ、規定量と冷え具合、

高圧と低圧の数値を確認しながら調整します。

IMG_1303

追加で記載します( ;∀;)よく故障するタイミングアクチュエーター!吹き出し位置の切り替えを行います!

この内部のギアが破損して動作不良が多々あります、しかし、エアコンのコントロールECUの不具合で動作不良のケースも

あるので一概に判断出来ない場合があり、根気よくトラブルシュートが必要です。

エアコンの不具合に関してのご相談。。。お任せ下さい!!僕が工場長に言われて共感した語録!

「諦めなければ。。治る!」です( ..)φメモメモ!

そうです。。我々が投げ出したら駄目なんですよ(-_-)/~~~ピシー!ピシー! よし!Lets working!

See you!

 

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス