アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

エンジンハーネスコネクターのブーツ交換

2018-06-06

サービスブログ

皆様こんにちは。工場のハムでございます。

今日は本業ネタで、F355でエンジンハーネスのコネクターに装着されているゴムブーツ交換作業の紹介です。

生産されてから20年経過していますので、カプラーを防水する役割のブーツは大抵ボロボロになっています。

といっても、F355で雨の中を普通に走るオーナーさんは少ないと思いますので、ボロボロだとしても直ちに不具合は出ないのですが、最近はオリジナル志向で綺麗にF355を維持するオーナさんが増えてきましたので、こんなマニアックな作業依頼もこれから増えるのかな?と想像しています。

 

IMG_1152

切れてボロボロになったブーツ。まずはコネクターから配線を引き抜きます。

 

IMG_1158

この端子はストックしているので、配線を切断して端子共々交換する方法もあるのですが、カットした分配線が短くなるデメリットがあるので、今回ピンは再使用します。

 

IMG_1161

外したブーツとコネクター。ピンを抜くための工具は、手持ちの市販品では長さがちょっと足りなかったので自作です。

針金の一部を叩いて平らに延ばしてから先に少し丸みを付けて、ピンのロックを傷めずに解除できるよう工夫した品。

 

IMG_1164

新品のブーツ。写真の通り配線を締めるように密着して防水するため、そのままでは内径が2mm程と狭く配線が通せません。そこで暫くウーンと考えて、こんな工具を作りました。

弾丸みたいだけど勿論弾丸じゃない品は、ブーツの内径を広げるための道具で、M10のボルトから削り出したハム謹製品。

これで内径を広げた後に、カットした外径10mmのアルミパイプを差し込んで、配線を通すための内径を確保します。

 

IMG_1165

こうやって、

 

IMG_1166

こんな感じ。

 

IMG_1167

パイプを入れておくと、配線を楽に通せます。パイプは付けたままで元通りコネクターを取り付け、パイプは肉厚0.5mmと薄くハサミで簡単に切れるため、最後に切り開いて取り除きます。その方が綺麗に仕上がるので。

ぱっと目につくところ8カ所を交換し、他は何かのついでに作業することになりました。

意外と手間が掛かるので、周辺を分解するなどのついでにご依頼頂けると有難いです。

 

 

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス