アリアガレージ フェラーリ専門店 フェラーリ新車 フェラーリ中古車、フェラーリ販売、修理、買取り

news & blogブログ

エンジンストール

2018-10-15

サービスブログ

10月15日(月)

こんにちはKOMIです!

IMG_5040

ここ最近スッキリしない天気が続いてますね

太陽サンサンの秋晴れが待ち遠しいです

そんなどんより天気の月曜日ですがはりきって行きましょう!

今日のメニューはこちらです

IMG_4984

BMW!

しかも!

IMG_4985

アルピナで御座います!

こちらの車両

走行中にエンジンの調子が悪くなりそのままストールしてしまったという事で

レッカーで運ばれてきました

その後詳しく診断した結果オルタネーターの故障と判明

しかし最近の車で、しかも走行距離5万キロ弱で

オルタが逝くかな~と考えながらも

作業を開始

IMG_4986

エンジンはV8ツインターボ

オルタの所在はそのVバンクの間にすっぽり収まってます

IMG_4987

チョット見ずらいので拡大するとこんな感じ

IMG_4988

インタークーラー用冷却ホースの隙間にちらっとシマシマの模様がそれ(オルタ)

ん~なかなかえぐい所に収まっておりますな~

しかもこのエンジン吸気と排気が逆なんです!

つまりバンクの間にタービンとエキゾーストが収まっていて

吸気はバンク外側から(今までエキゾーストマニホールドが付いていた部分)

エアーを吸い込んでいるわけです

細かく説明してるときりがないのでざっくりと

振動特性に優れるクロスプレーンと排気特性に優れるフラットプレーンの利点を両立した

新たな技術(画期的な)だそうです・・・・

これから先はおそらくこの形が主流になっていくことでしょう

話を戻しましょう、

つまりはオルタはタービンの間に挟まれてることになります

ん~こんな過酷な環境にいればばてるのも納得

しかもここ最近の日本の暑さ🌞は想定外なのかもしれません

IMG_4990

中央にぽっかり空いたスペースがオルタの部屋

IMG_4989

奥にはタービンが見えます(なんとも不思議な光景)

外したものがこちら

IMG_4991

新しいものに交換後チェク走行テストの後テスターで再度確認

勿論バッテリーも同時交換

交換前は11ボルト以下だった発電量が交換後は13ボルト強

これで安心してお乗り頂けると思います

それにしても今年の夏は人だけでなく車にも過酷な気温だったんでしょうね

という事で今週はこの辺で

ファクトリーKOMIでした!また来週バイバイ(^O^)/

pagetop

ガレージ・買取無料査定

〒144-0045
東京都大田区南六郷3-17-9
TEL: 03-5713-3550 FAX:03-5713-3555
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス

サービス

〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町3352
TEL: 045-933-4300  FAX:045-933-4668
営業時間:10:00〜19:00

access / 交通アクセス