ALPINE A110 PREMIERE EDITION ! !

2019.04.13 アリアスタッフブログ

今日は、風も無くとても穏やかな晴天に成りましたね!! 天気予報に寄りますと最高気温は17℃位まで上がるとの事ですが、明日、日曜日は午前中は晴れていますが、午後からお天気が崩れ、80%の確率で雨模様になるとの事です。 最近のお天気は暑くなったり、さ寒くなったり、気温の変化が激しいので体調管理には十分、心掛けて下さいね!!  でも、来週からは、気温が20℃以上の日が続くのでホッとしています。速く暖かくなって欲しいですね!!!

さて、本日は珍しいお車で、ルノー アルピーヌ A110が復活しましたのでご紹介いたします。

1956年にフランスのレーシングドライバーで、ルノーのディーラーを経営するジャン・レデレが設立した。当初よりルノーのチューンナップおよびレースバージョンを数多く手がけ、ルノー4CVをベースにFRPボディをのせたA106を販売する。その後ドフィーヌをベースとしたA108,R8をベースとしたA110を販売、特にA110はラリーで活躍してアルピーヌの名前を不動のものとした。また、ル・マン24時間レースなどのモータースポーツで大活躍しました。

2001年にルノーの会長にカルロスゴーンが就任して以降は、同氏が推し進める車種拡大にあわせてアルピーヌのブランド復活が期待された。2007年10月9日は2010年を目処にアルピーヌブランドを復活させることが公式に発表された。実際には2010年はパリ・モーターショーでDezirという名前の電気自動車のコンセプトカーが発表されるに留まったが、そのコンセプトはルノーがスポーツカー専用モデルの復活を目論んでいることを予感させた。

そして様々な憶測が流れる中、2012年のモナコGPでコンセプトカーのアルピーヌA110-50が登場する。同車はA110の50周年を記念するモデルと説明されたが、そのスタイリングはDeZirを踏襲するもので、またミドシップに日産GT-Rのエンジンを積み、メガーヌRSのレース仕様のシャシーを流用し、カーボンファイバーの車体を組み合わせるなど、小型軽量だったA110に対してスーパースポーツと呼ぶに相応しい内容だった。A110-50は同年の各種イベントに登場、またルノーと関わりの深いラリードライバーであるジャン・ラニョッティがA110-50をドライブし、A110と共演するイメージ映像も製作されました。ケータハムとのアルピーヌブランドの合同事業を解消したルノーは、2016年2月16日にアルピーヌブランド復活計画を発表し、同時に2017年に発売を予定しているスポーツカーのコンセプトモデル「アルピーヌ・ビジョン」を披露している。このアルピーヌ・ビジョンは、かつてのA110 Berlinetteを再解釈したものとされています。2017年6月、日本への進出を発表。同年10月、ルノー・ジャポン内にビジネスユニット「アルピーヌ・ジャポン」を設立。2018年6月22日、新型アルピーヌA110の発売を開始した。販売は、ルノー全国ディーラー網の中での特定店舗での取り扱いとなります。

新型A110は、アルミ製ボディや重量を削ったパーツの採用による徹底した軽量化、ミッドシップ・エンジンレイアウトのコンパクトなボディと前後ダブルウィッシュボーンサスペンション の組み合わせによる正確なハンドリングと安定性など、かつて多くの人々を魅了したアルピーヌ A110の精神「ドライビングプレジャー/運転する歓び」を現代に復活させたフレンチスポーツカー。

ステアリング:右/左│全長×全幅×全高:4205mm×1800mm×1250mm│ホイールベース:2420mm│車両重量:1110kg(ピュア)/1130kg(リネージ)│エンジン:1.8リッターターボチャージャー付筒内直接噴射直列4気筒DOHC16バルブ│最高出力:185kW(2520ps)/6000rpm│最大トルク:320N・m(32.6kgm)/2000rpm│トランスミッション:電子制御7速AT(7DCT)

詳 細

2019yモデル、EU新車並行、ブルーアルピーヌメタリック/ブラックレザーインテリア/ブルーステッチ Sabelt(サベルト)製モノコックバケットシート ボディ同色ドアアッパーパネル FOCAL(フォーカル)製軽量サブウーファー フルLEDヘッドライト リアLEDテール/シーケンシャルウインカー 鍛造18インチホイール Bremboブルーキャリパー リアパークセンサー トリコロールエンブレム スポーツエキゾースト シリアルNo 1745/1955 、走行距離70Km、未登録新車

 

只今、ショールームに展示しております。

 

是非、一度、ご覧成って観ては如何でしょうか!!!

 

 

修理やメンテナンス、査定など何でもお気軽にお問い合わせください
アリアガレージ
お問い合わせはこちら
電話番号0357607733
アリアガレージお問い合わせボタン