ブレーキ

2019.02.04 アリアファクトリーブログ

2月4日(月)

おはようございますKOMIです!

ついこの間お正月を迎えたと思ったら、もう立春です早いな~時がたつのは

立春という事は昨日は節分でしたね皆さんも豆まきしましたか?

そういえば最近当たり前のように恵方巻を食べてるんですが・・

あれ・いつ頃から食べるようになったんですかね?ま~美味しいからいいんですけど

では本日のメニューはブレーキパッド交換をご紹介します

車両はこれまたアストンマーチンDB9です

(最近フェラーリに触ってないような気がする)( ;∀;)

IMG_5730

交換するのは後輪のブレーキパッドのみです

ここでクエスチョン!こちらの車両フロントパッドは新車時の物ですが

リアパッドは過去に一度交換済み、今回で2回目の交換です

何故後ろばかり減るのでしょう?・・・

ブレーキパッドは一昔前だとフロントが良く減るものという考えでしたが

現代の車には横滑り防止装置(ESC)Erectronic  Stability  Control

なるものが装備されている為

ESCは後輪ブレーキでコントロールする為運転者が気が付かないうちに

リアブレーキが作動する、このためフロントよりもヘリが早くなったんです

運転条件による個体差はありますけどね

現代の車は

走る・・・TSC  トラクション コントロール システム

曲がる・・・ESC エレクトロニック スタビリティ コントロール

止まる・・・ABS アンチロック ブレーキ システム

主にこの三種の神器により安全走行が保たれているわけです

では作業開始!

まずはロックピンを抜いていきます

IMG_5731

テンションプレートを外すとパッドが取り外せます

IMG_5733

IMG_5734

パッドを外したらごみを綺麗にふき取り新しいパッドを取り付けるのですが

ここで大事なひと手間があります

IMG_5735

それがこちら

IMG_5738

鳴き止め処理です!(なんだ~)と思われた方

意外と重要なんですよブレーキを踏むたびにキ~!キ~!と鳴くところを

想像してください・・・・

(一部競技用ブレーキなどは処置不可の製品もあります)

IMG_5740

ピストンを戻しパッドを納めセンサーを接続し完成です

ここで忘れてはいけないのがブレーキフルードです

ピストンを戻すとタンク内にフルードが逆流するので溢れることがあるので

戻す際はタンク内のフルード量に注意して下さい

(できればパッド交換と同時にフルードも交換するのが理想です)

IMG_5741

交換後は必ず慣らし運転をするように!

交換したばかりのパッドとディスクにはアタリが出ていません

交換後のフルブレーキングは危険ですご注意下さいませ

さて、いかがでしょうか作業自体は簡単に見えますが

ブレーキや燃料関係の作業は命に直結する為自己責任で行うか

心配な方はプロにお任せください!お電話お待ちしております

(何だかテレビショッピングみたいになりましたが)

・・

本日はこれにて

また来週ファクトリーKOMIでした!バイバイ(^O^)/

修理やメンテナンス、査定など何でもお気軽にお問い合わせください
アリアファクトリー
お問い合わせはこちら
電話番号0357607733
アリアファクトリーお問い合わせボタン