フェラーリ 458 Speciale

印刷する

本体価格
(消費税込)

4380万円

年式走行距離
2015/平成27年 4100km
車検
ロッソコルサ 平成30年9月
乗車定員修復歴
2 無し
ミッションハンドル
F1 LHD
車両駆動
ディーラー MR
車両についてお問い合わせ

オプション装備

ロッソアルカンターラインテリア ネロステッチ ヘッドレスト跳馬刺繍 ロッソレーシングシート/3Dファブリックネロ ロアゾーンアルカンターラ アルカンターラルーフ カラードカーボンLEDハンドル ホワイトメーター  アルカンターラフロアマット スクーデリアバッジ スペシャルNARTレーシングストライプ(Bianco/Rosso Berlinetta) フロントリフティング E/Gルームコンパートメントカーボン ナビ 電動格納式/自動防眩ミラー カーボンブレーキ ブラックキャリパー 1オーナー ディーラー車

 

 

初めてのフェラーリ・スーパーカーをお考えの方にも
◆フェラーリ・スーパーカーを専門とした弊社ファクトリー&弊社営業担当が、全面的にメンテナンスをバックアップ致します。
◆日常のランニングコストも出来る限り抑え、最適なアドバイスをご提案出来るよう心がけております

ファイナンスについて
◆各社オートローンは特別低金利の2.9%~
◆最長120回払いまで、ボーナス併用も可能です
◆個人契約並びに法人契約のどちらでもご利用可能です
◆何度でも繰り上げ返済可能の自由返済型プランもご用意しております
◆毎月のお支払を軽減する残価設定プランもご用意しております
◆お客様のご希望プランや、最適なプランをご相談させて頂きます
◆残価設定ローンの金利は3.9%の設定

モデル情報

モデル名となる「458」とは、4.5リッターのV8エンジンを搭載することに由来する。そのエンジンは570psというパワーを発揮し、0-100km/h加速3.4秒、最高速では325km/hという動力性能を誇る。

またこのエンジンは、フェラーリのミッドシップモデルとしては、初の直噴ユニット。正確には4499ccの排気量で、570ps/9000rpmの最高出力、55.1kgm/6000rpmの最大トルクをたたき出す。トルクについては3250rpm以上であれば、つねに最大トルクの80%以上を発生させるという特性も併せもち、低回転域での使い勝手の良さも実現しているという。

また直噴化にすることによって環境性能も向上。欧州複合モード燃費では7.3km/l、CO2排出量は320g/kmを達成している。

トランスミッションには、デュアルクラッチ式7速・2ペダルMTの「F1マチック」を採用。エンジン特性にマッチしたギア比を使うことによってフル加速時においても、スムーズなギアチェンジを可能とさせた。

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアにはマルチリンクを採用。ここに電子制御デファレンシャルの「Eデフ」と車輌姿勢制御システム「F1トラック」が組み込まれることによって、快適な乗り心地が確保されるとともに、クイックなステアリングレスポンスと優れたコントロール性を両立させている。

当然ブレーキも進化している。さらに高性能となったABSは反応遅れを防ぐ与圧機能が採用され、その結果100km/hからの制動距離は、わずか32.5mとなっている。

ボディサイズは、全長4527×全幅1937×全高1213mmで、F430クーペと比較すると15mm長く、14mmワイドで、1mm低い。ホイールベースは2650mmで、F430から50mm延長されている。

またシャシーには、アルミ素材やさまざまな合金を採用。これによって車輌重量はF430より70kgも軽い1380kgとなり、パワー・トゥ・ウェイト・レシオは2.42kg/hpを達成する。

スタイリングはピニンファリーナが担当。そのデザインにはF1で培ったノウハウがあますことなく注入され、エアロダイナミクスが大きく向上。フロントノーズに装着される小型ウイングレット、アンダーフロアのフラット化などにより、200km/h走行時には140kgものダウンフォースを発生させるという。

また縦長の個性的なヘッドライト、フロントフェンダーのエアインテーク、3本センター出しのエグゾーストエンドなどで構成される外観も「458イタリア」の特徴だ。

458スペチアーレ
2013年8月20日、458スペチアーレを発表。
458イタリアの570PSから35PS増え605PSとなり、0-100km/h加速は3.4秒から3.0秒に短縮された。フロントバンパーとリアデュフューザーは専用のものが奢られた。
日本での価格は3,390万円。

リサイクル料金について

リサイクル料金は預託済だが表示価格に含まれていないため購入時に別途必要となります。
※自動車リサイクル法とは?
自動車リサイクル法とは、廃車になった使用済みのクルマから出る有用資源をリサイクルし、環境問題への対応を図るための法律として、2005年1月より施行されました。クルマを解体する際に回収や再利用の難しい、フロンやエアバッグ、シュレッダーダストなどを自動車メーカーが責任を持って回収することになり、その処理費用をユーザーが負担することになっています。
>> (財)自動車リサイクル促進センター

こちらの車種に関しては、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合せをする
電話で問い合わせる
一覧に戻る