ランボルギーニ Aventador LP 700-4 Road Ster Pirelli Edition

印刷する

本体価格
(消費税込)

ask万円

年式走行距離
2015/平成27年 6600km
車検
ロッソマーズ 平成30年6月
乗車定員修復歴
2 無し
ミッションハンドル
E-GEAR LHD
車両駆動
ディーラー 4WD
車両についてお問い合わせ

オプション装備

ネロレザーアルカンターラコンビインテリア/レッドステッチ ヘッドレスト・ピレリロゴ刺繍 ピレリマットカラー(ルーフ エンジン・カバー ミラー エアインテーク) カーボンブレーキ F20・R21インチネロシャイニングペイントAW イエローキャリパー フロントリフティング F/Rパークセンサー HDDナビ・リアカメラ 世界限定200台(クーペ105台ロードスター95台) D車

 

初めてのフェラーリ・スーパーカーをお考えの方にも
◆フェラーリ・スーパーカーを専門とした弊社ファクトリー&弊社営業担当が、全面的にメンテナンスをバックアップ致します。
◆日常のランニングコストも出来る限り抑え、最適なアドバイスをご提案出来るよう心がけております

ファイナンスについて
◆各社オートローンは特別低金利の2.9%〜
◆最長120回払いまで、ボーナス併用も可能です
◆個人契約並びに法人契約のどちらでもご利用可能です
◆何度でも繰り上げ返済可能の自由返済型プランもご用意しております
◆毎月のお支払を軽減する残価設定プランもご用意しております
◆お客様のご希望プランや、最適なプランをご相談させて頂きます
◆残価設定ローンの金利は3.9%の設定

モデル情報

特別モデル「アヴェンタドール LP 700-4 ピレリ・エディション」が発表された。




ランボルギーニとイタリアのタイヤメーカーであるピレリは、ランボルギーニ初のプロトタイプ「350GTV」にピレリがタイヤを供給した1963年以来、パートナーシップを結んでいる。この長年の関係を祝して製作された今回の特別モデルは、アヴェンタドールの高性能なスペックは全てそのままに、エクステリアにちょっぴりアクセントを加えた2種類のバージョンが提供される。1つは、ルーフ、ピラー、ミラー、エンジン・カバー、エアインテークをマットブラックに塗装し、ボディ・カラーには光沢のあるハイグロス仕上げの全6色を用意。もう1つは、前述の各パーツがグロスブラック塗装となり、ボディの他の部分は全4色のつや消しマットカラーから選択できるというもの。ボディ・タイプはクーペとロードスターのどちらでも注文できる。さらに、いずれのタイプもルーフ、エンジン・カバー、ミラー、エアインテークに赤の細いラインが施されており、赤く塗られたブレーキ・キャリパー(ボディ・カラーが赤の"Rosso Mars"の場合は、黄色のブレーキ・キャリパー)とグロスブラックのホイールを組み合わせることで見事な調和を見せている。当然ながらタイヤはピレリ製で、履いているのは「Pゼロ」だ。

インテリアにも同じモチーフが使用されている。ブラックのアルカンターラをまとったシートには赤のステッチと共にランボルギーニとピレリのエンブレムが刺繍され、天井とシートはエクステリアと同様に赤のラインで彩られる。そしてもちろん、どのモデルにもスペシャル・エディションであることを示すプレートが装着される。

この2トーンカラーのボディには、標準のアヴェンタドールと同じ最高出力691hpを発生する 6.5リッターV12エンジンが搭載され、駆動方式は4WDとなっている。このアヴェンタドール LP 700-4 ピレリ・エディションは、現在オーダーを受け付けており、納車は2015年初夏からを予定している。
世界限定200台(クーペ105台ロードスター95台)で日本販売価格は4500万円(ロードスター4900万円)


リサイクル料金について

リサイクル料金は預託済だが表示価格に含まれていないため購入時に別途必要となります。
※自動車リサイクル法とは?
自動車リサイクル法とは、廃車になった使用済みのクルマから出る有用資源をリサイクルし、環境問題への対応を図るための法律として、2005年1月より施行されました。クルマを解体する際に回収や再利用の難しい、フロンやエアバッグ、シュレッダーダストなどを自動車メーカーが責任を持って回収することになり、その処理費用をユーザーが負担することになっています。
>> (財)自動車リサイクル促進センター

こちらの車種に関しては、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合せをする
電話で問い合わせる
一覧に戻る