フェラーリ F12 Berlinetta

印刷する

本体価格
(消費税込)

3300万円

年式走行距離
2014/平成26年 2200km
車検
ロッソコルサ 平成29年11月
乗車定員修復歴
2 無し
ミッションハンドル
F1 LHD
車両駆動
ディーラー FR
車両についてお問い合わせ

オプション装備

ブラックダッシュボード ロッソレザー/アルカンターラデュアルインテリア ホワイトステッチ レーシングシート ヘッドレスト跳馬刺繍 ドライビングゾーンカーボン(LEDハンドル・メーター・パドル) カーボンインテリア(ダッシュボード・センター・カップホルダー・シルキックプレート) ホワイトメーター カラードシートベルト(ロッソ) アルカンターラルーフ フロントリフティング AFSヘッドライト スポーツシルカバー スクーデリアバッジ カーボンブレーキ 20インチマットグリジオコルサ鍛造AW レッドキャリパー ヘッドライトカーボン F/Rパークセンサー サイドミラーブラックペイント ナビ&バックカメラ ディーラー車 1オーナー

 

初めてのフェラーリ・スーパーカーをお考えの方にも
◆フェラーリ・スーパーカーを専門とした弊社ファクトリー&弊社営業担当が、全面的にメンテナンスをバックアップ致します。
◆日常のランニングコストも出来る限り抑え、最適なアドバイスをご提案出来るよう心がけております

ファイナンスについて
◆各社オートローンは特別低金利の2.9%~
◆最長120回払いまで、ボーナス併用も可能です
◆個人契約並びに法人契約のどちらでもご利用可能です
◆何度でも繰り上げ返済可能の自由返済型プランもご用意しております
◆毎月のお支払を軽減する残価設定プランもご用意しております
◆お客様のご希望プランや、最適なプランをご相談させて頂きます
◆残価設定ローンの金利は3.9%の設定

モデル情報

599GTBフィオラノの後継車として2012年2月29日に発表され、3月6日サロン・アンテルナショナル・ド・ロトにてお披露目された。車名はF620と噂されていたが、気筒数を表すと思われるF12ベルリネッタとなった。

日本国内へはフェラーリ・ジャパンを通じて2012年7月5日に正式に導入され、同年12月より納入開始された。

メカニズム

フロント・ミッドシップに搭載されたエンジンは65度V12、ボア×ストロークφ94×75.2mmで6,262cc。圧縮比13.5で最大出力545kW(740PS)/8,500rpm、最大トルク690N·m/6,000rpmを発生し、これまでのフェラーリのロードカーのなかでは最もパワフルである。

トランスアクスル レイアウトにてDCTを搭載し0-100km/hまでの加速は3.1秒、200km/hまでは8.5秒、最高速度は340km/h。HELEシステムの採用によってCO2排出量を350g/kmに抑えている。

ブレーキはカーボンセラミック製。

スタイリング

F12ベルリネッタは全長4,618mm、全幅1,942mm、全高1,273mmとなり599より全長47mm、全幅20mm、全高63mmそれぞれ小さくなった。エンジンの搭載位置と着座位置は下げられため車高は低くなり、スポーティーなスタイリングをかもしだしている。フロントタイヤとドアの間にはエアロブリッジと呼ばれるダクトが設けられ、えぐられたドアを通り空気を整流する仕組みとなっている。テールランプは2灯式となりこれですべての現行フェラーリが2灯式となった。リアフォグランプはリアビューカメラが内蔵されたLEDタイプを採用しF1のテールランプ風の中央一灯式となっている。トランクは独立したリッドではなくリアガラスハッチごと跳ね上げる方式である。

リサイクル料金について

リサイクル料金は預託済だが表示価格に含まれていないため購入時に別途必要となります。
※自動車リサイクル法とは?
自動車リサイクル法とは、廃車になった使用済みのクルマから出る有用資源をリサイクルし、環境問題への対応を図るための法律として、2005年1月より施行されました。クルマを解体する際に回収や再利用の難しい、フロンやエアバッグ、シュレッダーダストなどを自動車メーカーが責任を持って回収することになり、その処理費用をユーザーが負担することになっています。
>> (財)自動車リサイクル促進センター

こちらの車種に関しては、お気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合せをする
電話で問い合わせる
一覧に戻る